" />
女性

美人の定義とクリニック

近年の美人の定義

整形

現代では二重であるということが、当たり前になってきているのかもしれない。女性誌を例に挙げてみる。そこには、綺麗なモデルがたくさん載っているが、その人たちはたいていの場合、二重であることが多い。雑誌の中の、メイク特集を見ても、メイクのモデルになっている女性は二重の人ばかりである。一重となると、一重の人でもできるメイク特集、など、見出しが付き、世間では、二重が当たり前のような風潮になってきている。女性誌のモデルであったり、他にもテレビの女優であったり、女性の憧れである、美人、綺麗、可愛いとされる人たちは、大抵の場合ぱっちりお目目の二重なのである。そのような傾向から、整形というものに興味を持つ人も必然的に増えてくる。実は、私もその一人である。整形する前は、瞼にシールを貼り、二重にするアイテープといわれるものを、ずっと使っていた。しかし、瞼に負担をかける、面倒、時間が経つと取れてしまう、といった理由で整形をする人も多い。アイテープで二重にすることと、整形をすることとは、大した違いではないといった考え方が、若い人たちに浸透しつつある。このようなことから、今後二重整形は、髪を染めることや、ピアスを開けることと同じくらい、手軽に出来るようになるであろう。

美容クリニックの選択

二重整形が、手軽に出来る時代がやってきたわけだが、大切なことはクリニック選びである。情報社会であるこの時代、特に若い女性はインターネットを使って美容クリニックを選ぶことが多いのではないだろうか。私も、二重整形をしようと決め、まず行ったことは、インターネットでの情報収集である。美容クリニックの口コミを見て、その情報だけで、このクリニックは良い、このクリニックは悪いと勝手に判断してしまっていた。しかし、インターネットの情報とは、本当の情報かそうでないかの判断が非常に難しい。もちろん、全てのインターネットの情報が間違っていると言っているわけではない。あくまでも、情報収集の一つの手段としてインターネットを利用してほしい。いくら気軽に二重整形が出来るようになったとは言え、瞼というデリケートな場所に針を刺したり、メスを入れたりするわけである。慎重になりすぎて損はない。インターネットだけでなく、実際にクリニックに行ったことのある人の助言を聞くことや、実際にクリニックにカウンセリングを受けに行くことも、非常に有効な情報収集の手段である。早く新しい自分に生まれ変わりたくて、焦ってしまう気持ちもわかるが、正しい情報を得て、信頼できるクリニックを選ぶことが、二重整形を成功させる一番の近道である。