" />
女性

理想の目になる方法とは

埋没法の人気

女性

まぶたが一重になっていると、上まぶたがそれほど大きく持ち上がらないため、黒目の露出部分が少なくなってしまいます。見えている黒目の部分が少ないと、目の印象が薄くなってしまいます。最近は、目力を強調するメイクが流行っていますので、一重まぶたがコンプレックスになってしまっている人が少なくありません。そもそも、メイクの流行とは関係なく、パッチリと大きく見開いた二重まぶたの目に憧れる人が大勢います。目を大きくするためには、まぶたを一重から二重に変えてしまうという方法が最も効果的です。とはいえ、まぶたを切る手術を受けるのは怖いという人がたくさんいます。また、高額の費用も大きなネックになっています。しかし、近年になって、埋没法という名前の二重まぶた整形手術が登場してくるようになったおかげで、二重まぶた整形手術のハードルがグッと低くなりました。埋没法による手術であれば、両目で10万円前後の費用負担で済ませることができます。また、糸を使って二重のクセをつける方法ですので、メスが用いられません。メスを用いる手術に対して強い抵抗感を持っているような人でも、埋没法による手術なら気軽に受けてみることができます。

長持ちさせる方法

埋没法というのは、二重のラインを作りたい部分に糸を通し、その糸をまぶたの裏側で縛って固定する方法です。メスでまぶたの皮膚を大きく切り開くわけではありませんので、術後のまぶたの腫れや痛みがそれほど強くありません。切開法による手術を受けた場合は術後にかなり強い腫れが生じますので、まぶたの腫れが引くまでは外出することもままならなくなります。また、傷が完全に癒えるまでの間はアイメイクも禁物です。でも、埋没法の場合は手術を受けた翌日から普段通りにメイクすることができますので、日常生活にほとんど支障が出ません。一見、メリットしかない手術方法であるかのような印象を受けますが、埋没法には一重まぶたに戻りやすいというデメリットがあります。糸を縛って留めているだけですから、その糸がゆるめば簡単に一重まぶたに戻ってしまいます。しかし、対処方法がありますので、あまり心配する必要はありません。二重をできるだけ長持ちさせたいと希望しているのであれば、複数箇所で糸留めを作る手術を行っているクリニックを利用するとよいです。糸留めの個数が多くなればなるほど、一重まぶたに戻りにくくなります。